幸せな家づくり

ハウスメーカーで日々奮闘している営業マンの頭ん中

プロが推薦!注文住宅でつけて良かったオプション3選【その他編】

f:id:hyomonchan:20180202232048j:plain

注文住宅はあなたの理想キッチン、お風呂、洗面台などの住宅設備を自由に選択できるのが魅力ですよね。


でも住宅会社の担当者によっては、せっかく便利なオプション仕様があっても、あまり積極的に提案してもらえないこともあります。


そんなあなたのために、住宅営業マンが選ぶ『つけて大満足のオプション・その他設備』をご紹介します!

玄関ドアはキーレスが絶対便利!

価格は少し高めですが、オプションとしての満足度が非常に高い玄関ドアのキーレスです!


このキーレスこんなときに便利です。

  • 子供を抱っこしていたり、両手が荷物で塞がっているとき。
  • 出かける時、帰った時にカバンの中の鍵がなかなか見つからないとき。
  • 駐車場からなど少し離れた場所から鍵を開け閉めしたいとき。


キーを持っていたらタッチすると解錠。


車のスマートキーのような使い勝手で、万が一鍵をなくしてしまってもシリンダーを交換する必要がありません。

リクシル タッチキー(電池式)

f:id:hyomonchan:20180131100930g:plain
(出典:リクシル HP)


そしてもう一つ、駅の自動改札のようにカードやケータイをかざすだけで解錠できる『CAZAS+ カザスプラス』もあります。


カードキーはもちろん、愛用のおサイフケータイも玄関キーとして使用することができます。

リクシル CAZAS+ カザスプラス

f:id:hyomonchan:20180201225743g:plain


価格は10万円以上するオプション仕様になりますが、おすすめ度No.1です!

一家に一箇所、室内物干し

雨の日が続く梅雨の季節や花粉が舞う季節、部屋干しをする人も多いと思います。


最近では91%もの主婦が室内干しを活用しているそうです。


私の家も共働き夫婦のため、洗濯物は部屋干しがメインです。


そんなとき天井付けの室内物干しを用意しておくと大変便利です!

ホスクリーンスポット型

f:id:hyomonchan:20180201232333p:plain
(出典:川口技研HP)


使わない時には簡単に取り外しができるスマートでシンプルな室内干しアイテムです。


天井高に合わせてサイズが選べたり、長さも三段階で調節することが可能。


物干し竿は別途必要ですが、10,000円以下で買えてしまうコスパの良さも嬉しいポイントですね!

ホスクリーン昇降式(操作棒タイプ)

f:id:hyomonchan:20180201233518p:plain
(出典:川口技研HP)


こちらは操作棒をくるくる回転させることで竿を昇降させることができるタイプです。


最大1mほど天井から竿を下げることができるので、洗濯物をかけたあとは邪魔にならない天井近くまで竿をあげておきます。


こちらは別に竿を準備必要はありませんが、20,000円弱とスポット型より少し金額は高くなります。


室内物干しユニット ホシ姫サマ

f:id:hyomonchan:20180202162048j:plain
(出典:パナソニックHP)


こちらは、壁付けスイッチやリモコンで竿を昇降させることができる電動タイプです。


竿も2本ついているので、洗濯物の多い子育て家族にぴったりです。(竿1本タイプもあります。)

価格は定価で10万円以上する少し贅沢品?かもしれませんが高いお金を払ってでもラクをしたい人向けですね!


それにしてもパナソニック製品はネーミングがどれもユーモアですよね(笑)

電動シャッター

f:id:hyomonchan:20180202231508j:plain
(出典:YKK AP HP)


注文住宅では、防犯や災害時のために大きな窓にはシャッターがついていることが多いと思います。


標準は手動でオプション仕様で電動に変更することができます。


朝と夜、毎日シャッターを開閉したい!という方は、シャッターがつくまどが2個・3個となると開け閉めするのが結構大変です。


出入りできる掃き出し窓であれば、かがんで開けなければいけないため腰にも負担がかかりますよね。


そんな時電動シャッターであればボタンひとつで簡単に開閉ができてしまいます。


シャッターが複数あったとしてもスイッチを集中制御すると、ひとつボタンを押すだけで全てのシャッターを同時に開閉することができます。


シャッターを開閉するときに、窓を開けなくて良いメリットってイメージできますか?


窓を開けている隙に春は花粉が入ってきたり、夏は蚊などの虫が、寒い冬には冷気が、雨の日は...。


電動シャッターであれば、窓を開ける必要がないのでこれらを全く気にする必要がありません!


窓の大きさにもより一箇所あたり5〜10万円程度金額がアップするので決して安くはありませんが、お金を掛ける価値は十分にあるかと個人的には思います。


満足度の高い電動シャッターをぜひ検討してみてください。


↓↓つけて良かったオプション水廻り編はこちら!
www.happylife03.com

↓↓つけて後悔したオプション5選はこちら!
www.happylife03.com