幸せな家づくり

ハウスメーカーで日々奮闘している営業マンの頭ん中

このブログを始めようと思ったきっかけ

f:id:hyomonchan:20180118233243j:plain

はじめまして。

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

私は、某ハウスメーカーにて住宅営業マンとして、日々お客様の新築一戸建てという夢のお手伝いをしています。

普段は住宅展示場(モデルハウス)に来場されるお客様を接客していますが、住宅展示場には様々なお客様が見学や相談に来られます。

例えば、

・今の家がずいぶん古く、地震が恐いので建て替えたい。

・結婚したので夢のマイホームを建てたい。

・家を建てるための土地を探して欲しい。

・子供が独立して部屋が余っているので夫婦二人だけの終の住処を作りたい。

・マンションに住んでいるけど子供が大きくなって手狭になってきた。

・親の土地を相続したので家を建てたい。

・建て替えかリフォーム、どちらがいいか迷っている。

・水廻りのリフォームをしたい。

相続税対策にアパートを建てたい。

・インテリアの参考にしたい。

などなど皆様いろんな目的があって来られます。

住宅営業マンは上記のようなお客様の悩みを解消するため、敷地の日当たりや形状などの状態を見たり、役所で調べごとをしたり、不動産業者に土地情報をもらったり、間取りや資金のご提案をしたりとお客様のために動きます。

もちろん自社の商品を気に入っていただくために、一生懸命商品の訴求したり、新築現場見学会や工場見学会などのイベントに誘ったり、あの手この手で契約してもらえるようアピールもします。

私はこの仕事を『お客様の理想と現実のギャップを埋める』ことが最も大切だと思っています。

ほとんどのお客様は初めての家づくりで、私たちの理想の家ができるかな?というワクワクした気持ちと、住宅ローンを組んで払っていけるかな?などの不安を抱えられています。

年収400万円の世帯と年収800万円の世帯であれば、買える家のグレードや規模も全く異なってきます。

家を買うぞ!と住宅展示場へ相談に行って、現実を突きつけられ、落ち込んで帰られるお客様も少なくありません。

逆に、営業マンの上手い営業トークに乗ってしまい勢いで契約!

でも出来ることに制限があったり、聞いていたことと違う!ということがあったりで理想の家とはほど遠く残念な家づくりとなってしまった。

他社や地元の工務店などで新築し、数年経ったお客様もたくさん来られるので、このような失敗談を聞くことがかなり多いんです。

失敗談として他には、

・窓が少なくて暗いリビングになってしまった。

・収納が全然足りなかった。

・コンセントやスイッチが使いづらい。

・フローリングやクロスのイメージが出来てみたら全然違った。

・欲しかった家具や家電が入らない。

・照明計画に失敗して、暗すぎる or 明るすぎる。

など書き出したらいくらでもあります。

私はせっかく建てる夢のマイホームを残念なものにして欲しくないという強い想いがあります。

長いローンを組んで、気に入らない家に何十年も住み続けるほど苦痛なことはないですよね?

私も最近、土地を購入し自宅を新築しました。

仕事柄、家づくりに関する多くの知識があるため失敗するようなこともなく大満足の家になりました。

このようにある程度の知識があれば、自分の理想に近い家をつくることが出来ます。

これから新築や中古住宅の購入、マンション購入、リフォームなど検討中の方に、

家選びのコツや失敗しないための方法、住宅営業マンの心境やお得に家を買うための方法など、かなりぶっちゃけて書いていきたいと思います。

あなたの理想の住まいを実現できるお役に立てば嬉しいです(*^_^*)