幸せな家づくり

ハウスメーカーで日々奮闘している営業マンの頭ん中

建替えかリフォーム、どっちがお得?

f:id:hyomonchan:20180103011539j:plain


ご相談で多いことの一つに、今住んでいる家を建て替えたほうが良いのか、リフォームで十分なのか迷っているという方がいらっしゃいます。


判断基準として、築年数や家の状態、現在のご年齢や家族構成、あと何年くらい住むのかやご予算、と様々な決定材料があります。


従ってどちらが良いのかはその人それぞれの状況により一概には言えません。


同じ築20年でもメンテナス状況や立地条件によって、家の劣化具合は全く異なります。


築30年経っていても構造がしっかりしていて定期的なメンテナンスを行っていればまだまだ住めるというケースもありますよね。


目先の費用だけでなくどちらが自分に合っているか総合的に判断することが大切です。


では、ここで建て替えとリフォーム、それぞれのメリット・デメリットを考えてみましょう。

建て替えのメリット

・新築なので全てが新しくて綺麗

・断熱性、気密性が高くて快適

・間取りや設備等今の不満をほとんど解決することができる

・自由性が高い(敷地による)

・駐車場計画の変更も可能


建て替えのデメリット

・リフォームと比べて費用が高額となる

・仮住まい、引越し(最低2回)が必要

・工期が長い(4ヶ月〜半年)

・各種税金がかかる(不動産取得税、都市計画税、登録免許税など)

・法律により今の家より小さくなってしまう場合がある

・解体工事時、騒音など近隣への配慮が必要


リフォームのメリット

・住み慣れた愛着のある家にそのまま住むことができる

・建て替えに比べて費用を抑えることができる

・住みながら工事が出来る(内容によって仮住まいが必要な場合もある)

・工期が短い

・内装、外装ともに見た目は新築同様にすることも可能

・各種税金が安い

・部分的な施工が可能


リフォームのデメリット

・間取りを大きく変更することができない

耐震強度への不安が残る場合がある

・一部リフォームすると他にもしたいところが出てきて結果的に費用がかさむ

・構造面に支障があったり劣化が激しいと建て替え並みに費用がかかることもある



このような様々な要因があるため、その人の考え方や価値観でも選択肢が変わってきます。


また一つの大きな判断基準として、今の家が昭和56年(1981年)以後に建てられたかどうかということがあります。


昭和56年に『新耐震基準』という法律が制定され、ある一定の地震に対して倒壊や損傷を防ぐ基準が決められています。


昭和56年以前の旧の耐震基準の家は、地震による被害が大きくなってしまうことを想定できます。


阪神淡路大震災で発生した住宅被害が国土交通省の「阪神・淡路大震災による建築物等に係る被害」によると、


・死者数の大部分が建物等の倒壊が原因
・現在の耐震基準を満たさない昭和56年(1981年)以前の建物に被害が集中

とあることです。


ただ、これは専門家による耐震診断の上、耐震補強工事を施すことで耐震性能を上げることは可能です。


しかし大掛かりな工事となり、費用も膨れ上がる可能性が十分にあります。


地震大国である日本ではいつ・どこで大地震に見舞われるか分からないため、地震対策は切っても切れない問題となりますね。


では、最後に建替えかリフォームで実際に悩まれていたお客様の実例を紹介します。


建て替えを選択されたA様の例

当時、築35年の中古一戸建てを購入された40代のご夫婦が全面リフォームの相談に来られました。


昭和56年以前の旧耐震基準の家であったため、耐震診断をおすすめすると共に現場調査を行いました。


その結果、耐震補強工事が必要であったり、構造上ご希望されている間取りが実現出来ないことがわかり、建て替えの方向で考えることになりました。


リフォームではなかなか解決出来ない問題が、建て替えであれば解決できる場合が多いです。


南側の隣家が接近していて、リビングが暗いというお困りごとは、吹き抜けを設けて光を取り込む提案で解決。


また、水廻りの動線や家族が集まる広いリビングダイニングにしたいという施主様の夢も実現することができました。


最終的には当初のリフォームで考えていたご予算からは大幅に増えてしまいましたが、小さいお子様が二人いてまだ何十年も住むことを考えると、思い切って建て替えして良かったとご満足いただきました。


A様のようにまだお若くこの先何十年と長く住んでいく家ですと、将来的には新たにリフォームしたりメンテナンスにお金をかけていくことになります。


20年後を考えるとA様は60代、その時には築55年以上となり建物自体もかなり劣化が進んでいることが想像できます。


今の家は性能も高くなっていて、メンテフリーな外装材があったり、100年近く長持ちする構造の家もあります。


住宅ローンの金利も安いこのタイミングで建て替えされたA様の決断は正しかったと私は思います。


建て替えかリフォームは、現状確認未来予測です。


それぞれのメリット・デメリットをご自身に照らし合わせて考えてみましょう。