幸せな家づくり

ハウスメーカーで日々奮闘している営業マンの頭ん中

新築見積もりは何社依頼する?たった一社で決めてはいけない3つの理由

f:id:hyomonchan:20171230222421j:plain


注文住宅を建てようと思った時、当然ですが必ず業社に見積もりを依頼することになります。


では数ある住宅会社の中から一体何社くらい見積もりを取ったら良いのか?


これはよく受ける質問の一つなので、現役住宅営業マンの私の考えを述べたいと思います。



最初に結論からいいますと、見積もりをとって比較検討する会社は2社、多くても3社がベターだと思います。


ただし中には知り合いなどから紹介を受けたり、気に入った1社のみで検討する方もいますので正解というものはありません。


複数社で見積もりを取る場合のメリット・デメリットを知って、あなたに合った住宅会社選びをしましょう。



《複数社で見積もりを取る3つのメリット》


① 各社から異なるプラン(間取り)の提案を受けることができる

② 価格が妥当なのか比較することができる

③ 値引きを最大限引き出すことができる



《複数社で見積もりを取る3つのデメリット》

① 休日のたびに打ち合わせが入って大変

② 話がこんがらがってしまう

③ 契約する会社以外は全て断らなければならない



プランは各社に同じ要望を伝えていても、全く同じものが出てくることはあまりありません。


住宅会社の立場からすると自社以外の住宅会社と競合している場合、他社には負けない間取りの提案をしようと設計士と相談して必死にベストプランを考えます。


そのいくつかの提案を見比べて各社のアイデアをいいとこ取りしちゃいましょう!


そして、最も重要なのは価格面です。


1社で検討していては、見積もりが妥当であるか判断がつかない上、価格交渉がしにくいものです。


私自身、普段営業をしていて自社のみで検討していただけるお客様にはまず必要以上の値引きはしません。


何かと理由を付けてお得感を味わっていただくよう値引きはしますが、しっかりと適正利益はいただいております。


2社以上であれば、住宅会社側は他社の金額と比べて高いか安いかを必ず聞いた上で、最終提示価格を会社と相談することになります。


他社を引き合いにだして上手に駆け引きすることで、値引きを最大限引き出すことも可能です。


デメリットは、ショールームや工場見学会、入居宅の見学などそれぞれ会社ごと毎週のように足を運ばなくてはいけません。


間取りの打ち合わせや設備機器の選択、他社との違いなど延々と説明されたりとにかく大変で疲れます!


タフな人であれば問題ないですが、子供が小さかったりするとなかなかゆっくり見学することもできません。


そして最終的に契約する会社を決めたあと、他の会社に断りを入れなければなりません。


どこの会社も必死です。「はい、わかりました。」と簡単に引き下がってくれる営業マンはいないでしょう。


断りを受けてからも、もう一度提案を見て欲しいと何度も連絡があったり、家に訪問してきたりとしつこい営業を受けることもあります。


これが3社4社となればそれだけで多大な労力を使うことになってしまいます。


住宅営業マンの立場からすると、断るときははっきり理由を言うことが大切です。


大抵の営業マンは断られることに慣れていますので、そのほうがきっぱり諦めて次のお客様にいけます(笑)


お客様にとって新築一戸建ては人生において最も大きな買い物です。


後悔しないよう積極的にイベントなどにも参加して徹底的に比較検討しましょう!


【無料】超カンタン!3分でネット一括見積り依頼はこちら