幸せな家づくり

ハウスメーカーで日々奮闘している営業マンの頭ん中

注文住宅と建売住宅。あなたにぴったりな選択とは?

f:id:hyomonchan:20180101002425j:plain


土地を探しているお客様から、「注文住宅と建売住宅の違いはなんですか?」という相談を受けることがあります。


注文住宅とは、設計士やインテリアコーディネーターがついて、間取りからインテリアやエクステリアにかけて全て一から決めて建てていくものです。


対して、建売住宅とは住宅会社が決めた間取りや仕様で、すでに完成した家を実際に見て、気に入ったら購入するというものです。


注文住宅の場合、土地から探して購入しなければなりませんが、建売住宅は土地と建物がセットで販売されています。


注文住宅と建売住宅は、それぞれメリット・デメリットがありますので、あなたに合う選択をしましょう。

注文住宅のメリット・デメリット

形の無いものを自分で一から全て決めて作っていくので、家族のこだわりや想いが詰まった家となります。


『家を買った』というより、『家を建てた』という感覚で満足感や愛着が湧くことでしょう。


また地鎮祭や上棟祭などの祭祀を経験できたり、基礎着工から竣工までの一連の流れを自分の目で確認することも出来ます。


打ち合わせで決めるものといえば、構造、間取り、窓の大きさや種類、外装材、屋根材、玄関ドア、フローリング、室内ドア、キッチン、洗面、トイレ、お風呂、コンセントやスイッチの位置、照明計画、エアコンの設置位置、クロス、カーテン、家具、外構 etc.


ざっと書き出してもこれくらいあるので、全て決めるにはかなりの時間を要します。


優柔不断で何事も迷ってしまう性格の人は、決めることの多さに次第に疲弊してしまい、ストレスを感じることも少なくないでしょう。


実際、私が自宅を新築した時は、迷いすぎて打ち合わせが終わったらヘトヘトになってしまっていました。


夫婦で好みや意見の違いで、何度も喧嘩したことは今となっては良い思い出です(笑)


注文住宅は、完成した家がイメージしていたものと違う、という不満を持たれることがあります。


このイメージとのギャップを埋めるため、住宅会社は外観や内観のイメージパースや模型を作成してお客様へ提案をします。


しかし肝心の部屋の広さやスペースの感覚は、紙面上ではイメージがつきにくく思っていたものと違う!ということになりかねません。


それを防ぐために、可能な限り建てる家と同規模の家を見に行きましょう。


間取りが似ている完成住宅、建売住宅、入居宅等ある程度実績がある住宅会社であれば、条件が合う物件を見れる可能性は十分にあります。


家は出来てしまってからでは、簡単に間取りを変えることは出来ないので、あとから後悔しないよう住宅会社に一度相談してみましょう!

建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅の最大のメリットといえば、注文住宅に比べて価格が抑えられているということです。


同じような仕様の家で比べると、建売住宅の方が通常時で200〜300万円くらいは安くなります。(私の個人的見解です)


お客様との仕様打ち合わせがないため人件費を大きく抑えれたり、数十区画の大規模分譲地であれば部材の大量発注や、職人さんを複数現場投入して効率化を計ったり、原価やコストを下げる方法がたくさんあるのです。


そして建売住宅の場合は住宅会社は在庫をなるべく早く売り切って新たな土地を仕入れるために資金を回転させます。


そのため販売開始から時間が経つにつれて値段を下げていく傾向があるので、さらにお得に購入できることもあります。


また、打ち合わせがほとんど不要なため気に入った物件があれば、手続き次第で即入居することもできます。


出来上がったものを自分の目で見て買うため、イメージと違って後悔するということもありません。


新興分譲地であれば同じタイミングで入居する同世代の家族が多かったり、家が街並みに調和してキレイだということも挙げられます。


反対に同じような家が並ぶため個性がなかったり、建築途中が見れないためどんな材料を使っているなど不透明な要素もあります。


家に対してこだわりがあり、時間や労力やコストをかけてでも、納得したものが欲しいという人は注文住宅を選び、割安で楽に一戸建てを手に入れたいという方は建売住宅がぴったりですね。