幸せな家づくり

絶対後悔しないために!マイホーム購入前に読むブログ

【ヤマダホームズ】の特徴と評判は?住宅営業マンが徹底解説します!

f:id:hyomonchan:20181031231038j:plain 

ヤマダホームズは、群馬県に本社を置く大手住宅メーカーで、家電量販店最大手のヤマダ電機の100%子会社です。

2018年10月より4社合併により社名を変更しましたが、『S×L(エスバイエル)』という社名が世間的にはもっとも馴染みがあると思います。

2011年にヤマダ電機の子会社となり、2013年には『ヤマダ・エスバイエルホーム』と社名を変更した歴史があります。

高級住宅から低価格住宅まで幅広く取り扱い、デザイン性や設計力も高く評価されています。

今回の記事では、新たなスタートを切ったヤマダホームズの特徴と評判を、現役住宅営業マンの私がご説明させていただきます! 

ヤマダホームズの特徴

ヤマダホームズは、特徴が比較的少ないメーカーであるといわれています。

その中でも評価の高いポイントは以下の通りです。

 

ティンバーメタル工法

ヤマダホームズのメインの工法としては、木造在来工法の弱点となる柱と梁、柱と土台などの接合部に、構造金物を使用した木造軸組メタル在来工法に加えて、さらに強度を上げるために外周部へ耐力面材を貼って仕上げた『ティンバーメタル工法』を採用しています。

 

f:id:hyomonchan:20181030202445j:plain

(引用元:ヤマダホームズHP)

 

世界最古の木造建築である法隆寺で使用している『檜(ヒノキ)』を、柱や土台に採用しているということを大々的にアピールしています。

ヒノキの耐久性の高さや、抗菌効果と樹木から発散して癒しや安らぎを与える効果があるフィトンチッドの香りによる健康的な空間イメージも謳っています。

さらに建築基準法で定められている柱の太さである3.5寸角(10.5×10.5cm)よりも太い、4寸角(12×12cm)を使用することで約1.3倍の強度があることも特長です。

 

一般的な木造在来工法では、筋交いに地震力を負担させることで、柱や梁へのダメージを抑えて建物の倒壊を防ぎますが、筋交いの損傷は大きく繰り返す余震には不安が残ります。

耐力面材を加えることで、地震力や風圧を壁全体でバランスよく分散することで、接合部に集中する力を緩和させることが可能です。

建物がひとつの箱のようなツーバイフォーの考え方に近い工法ですね。

 

f:id:hyomonchan:20181030205714j:plain

 

構造体にはさらに制振システム『TRCダンパー(住友理工製)』を標準仕様としています。

ダンパー内部の特殊粘弾性ゴムが地震エネルギーを熱に変換して建物の揺れを軽減します。

 

f:id:hyomonchan:20181030212115j:plain

 

震度6強の地震を最大50%程度吸収する性能がありますが、さらに大きい地震である震度7ではデータが公表されていないため、近年発生している大地震に対しては安全である確証は得られません。

 

S×L構法の住まい

もうひとつの主力商品として、『S×L構法の住まい』があります。

独自の木質接着パネルを組み合わせて強固な六面体をつくり、外力に対してパネル全体で分散して耐え抜きます。

 

f:id:hyomonchan:20181031222956j:plain

 

 

結露が起きやすい壁体内を自然の力で湿気を排出する『壁内換気システム』により、構造体や断熱材の劣化を防止。

新築時の断熱性を維持し、高い耐久性と快適性に効果を発揮します。

f:id:hyomonchan:20181031222819g:plain

断熱性能

断熱は一般的な『グラスウール断熱』と『吹付断熱』を選択できます。

吹付断熱とは、断熱性の高いウレタンフォームをスプレーで吹き付けていく方式で、隙間なく断熱できるのが特長です。

ヤマダホームズが採用している『硬質ウレタンフォーム』は、経年劣化が少なく快適な住環境を長い年月に渡って維持することができます。

 

f:id:hyomonchan:20181030225830j:plain

 

設計・デザイン

エスバイエル時代から続く『邸宅シリーズ』は、自社の建築士が企業建築家として、こだわりの高いクライアントに対して最高峰の邸宅を提供しています。

『小堀の住まい』、『MINCA.』、『SIMPLE & MODERN』などのコンセプトハウスは、あらゆるこだわりに対応できる最高峰の注文住宅として人気があります。

 

小堀の住まい

f:id:hyomonchan:20181030233319j:plain

(引用元:https://www.sxl.co.jp/kobori/index.html) 

 

MINCA.

f:id:hyomonchan:20181031221025j:plain

(引用元:https://www.sxl.co.jp/products/minca/index.html


SIMPLE & MODERN

f:id:hyomonchan:20181031221022j:plain

(引用元:https://www.sxl.co.jp/products/simple/exterior/index.html

 

ヤマダホームズの評判

ヤマダホームズは、他社メーカーと比べると特筆するような特徴が比較的少ないメーカーですが、吸収や合併など繰り返しはしながらも歴史は古い会社で、その長年培ってきたデザインや設計提案力には定評があり、営業手法も誠実で紳士的な印象で評判は良い方です。

こだわりを叶えやすいという一面もありますが、こだわればこだわるほど価格が上がっていき、気がつけばびっくりするほどの見積もりになっていた、というようなことも実際にあるようです。

コストをなるべく抑えたい場合は、『ウッドセレクション』という規格住宅の用意があるため、クオリティはそのままでリーズナブルに新築一戸建てを手に入れることも可能。

大手の安心感がありながらお手頃価格でオーソドックスさも感じられるヤマダホームズ。

あなたの求める要望に近いようでしたら、ぜひ検討してみると良いのではないでしょうか。

 

新築一戸建て検討中の方へ

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)でカタログ一括請求がオススメ!!

 

f:id:hyomonchan:20190126002700g:plain

  • 「数ある住宅会社をじっくりと比較検討したい。」
  • 「間取りや暮らしの知恵などのたくさんアイデアが欲しい。」
  • 「私たちの予算では、いったいどんな家が建てられるの?」
  • 「まだ考え始めたばかりで住宅展示場へ行くのはハードルが高い。」
  • 「しつこい営業電話や訪問営業など一切されたくない。」 

上記のいずれかに該当するあなたは、まずはネットでカタログを取り寄せて、マイホーム購入に向けたイメージづくりをしてみてはいかがでしょうか。  

【体験談あり】住宅のカタログはネットで一括請求が便利でオススメ!

ライフルホームズは、注文住宅を建てるのに『いくらの予算で建てるのか?』、『どんな家を建てるのか?』、『どんな会社で建てるのか?』という3つのポイントから、あなたにぴったりのカタログを無料で一括請求できるサービスです。

 

f:id:hyomonchan:20190126234122g:plain

 

わたしが資料請求をオススメする理由は大きく2つあります。

ひとつは家にいながら最新カタログを無料で数多く入手できること。

まだ家づくりを考え始めたばかりであれば、住宅展示場に足を運ばずともカタログが自宅に送られてくるのは大きなメリットです。

もうひとつは、営業マンからのセールスをほとんど受けないということ。

意外にも資料請求をするお客様に対しては、私も含めて営業マンはあまり熱心に売り込みません。

資料請求は誰でも簡単にできるハードルの低さゆえ、家を建てる具体的な計画がなくても請求する人が多いため成約率は高くないのです。

営業マンはカタログを郵送して、興味を持ってくれたお客さんから反応があればヨシと考えています。

電話が不要であれば、『備考欄』に「電話はご遠慮ください」などと記入しておけば問題ありません。

あなたもまずはライフルホームズでカタログを取り寄せてみて、家づくりのヒントをたくさん見つけてください!

3分で超簡単!カタログ一括請求はこちらimp