幸せな家づくり

ハウスメーカーで日々奮闘している営業マンの頭ん中

住宅の購入は消費増税後の10%のほうがお得!?

f:id:hyomonchan:20181128231119j:plain

こんにちは、現役住宅営業マンのケイです。

2019年10月、消費税が現在の8%から10%に上がりますが、住宅展示場には慌てて家づくりを始めようとする方が多くなってきています。

住宅の場合、2%の増税は非常に大きなもので、3000万円の家で60万円も金銭的負担が増えてしまいます。

60万円もあれば憧れのキッチンのグレードアップ、家具や家電などたくさん揃えちゃいますよね。

では、なんとしてでも消費増税前に家を購入すべきなのでしょうか。

 

これには国の施策により、消費税が上がったあとに家を購入するほうが得をする場合があるという事実をご存知でしょうか?

今回の記事では、消費増税後の減税制度についてご紹介させていただきます。

 

《目次》

 

住宅ローン減税制度の延長

住宅ローンを組む人にとっては大きなメリットである『住宅ローン減税(控除)』

これは住宅ローンを支払い始めてから10年間、住宅ローン年末残高の1%を限度に、納めた所得税と住民税の一部が返ってくる制度です。

 

住宅ローン減税制度の概要|すまい給付金

 

消費増税による住宅購入の反動減を抑えるため、住宅ローン控除が現在の10年間から最大15年間に延長される可能性ある報じられています。 

仮に5年間の延長が決定すると、どのようなメリットが生まれるのか、下記の例をもとにご説明します。

 

【例1】

夫(会社員)、妻(専業主婦)

年収500万円、3000万円の家を購入

所得税20万円、住民税30万円(年間)

  

3000万円の家を消費税10%になってから購入すると、消費増税分が60万円の負担増となりますが、住宅ローン控除が5年間延長となったとすると、11〜15年目の控除額合計が約100万円となり、消費税10%で購入したほうが結果的に40万円も得をすることになります。

 

さらに年収や借り入れ額が多くなれば、さらにメリットが大きくなることもあります。

 

【例2】

夫(会社員)、妻(専業主婦)

年収700万円、4500万円の家を購入

所得税50万円、住民税48万円(年間)

 

4500万円の家を購入すると、2%の90万円が負担増となります。

しかし11〜15年目の控除額合計が約150万円となるため、結果的には60万円ものメリットが生まれることになります。

 

すまい給付金

増税後の負担を減らす施策として、住宅ローン減税に加えて『すまい給付金』があります。

消費税8%時に比べて、給付対象の収入額が引き上げられたり給付額が拡大されます。

 

f:id:hyomonchan:20181128222457g:plain

(引用元:http://sumai-kyufu.jp/lp/) 

 

先ほどの【例1】のケースで見てみると、年収500万円は消費税8%時で給付額が10万円に対して、消費税10%時では40万円となり、30万円も給付額が増えることになります。

住宅ローン減税も合わせると、消費増税後に住宅を購入するほうが70万円もトクをすることになりますね。

 

また【例2】のケースでは、年収700万円となると消費税8%時には、すまい給付金は支給対象外となりますが、消費税10%時には10万円の給付対象となります。

 

(注)所得税及び住民税の金額は目安であり、実際の金額とは異なる場合があります。

 

家賃の支払いに注意

上記の例では消費増税後のほうがいずれも大きなメリットがあるため、消費税が10%に上がるのを待ってから購入するほうが良いと感じられたかもしれません。

しかし忘れてはならないのが『家賃の支払い』です。

これは現在賃貸マンション等に住んでいて、毎月家賃の支払いがある人にいえる話ですが、消費税が上がるまで待つということは、それまで家賃の支払いを続けなければなりません。

 

毎月8万円の家賃を払っている場合、1年後に消費税10%で購入するとどうなるか考えてみましょう。

【例1】の場合、住宅ローン減税とすまい給付金で70万円トクとなりましたが、1年間家賃を余分に払いつづけると96万円となり、今度は消費税10%時のほうが26万も金銭的負担が増えることになりました。

 

このように減税の恩恵だけでなく、家賃などの支出面も同時に考えることが大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

住宅ローン減税制度は、年数は決まっていないですが延長される可能性は高いでしょう。

実際にはあなたの家庭の世帯年収や住宅ローンの借り入れ額によって、どんなメリットがあるかはそれぞれ異なります。

詳しくは、住宅展示場やモデルハウスで営業マンに聞いてみると良いと思います。

消費税が5%から8%に上がるタイミングでは、駆け込み需要と増税後の反動減がありましたが、今回の施策により駆け込み需要と反動減も少なくなることが予想されています。

住宅の購入は大きな買い物なので、増税により慌てて買って後悔しないよう、じっくり検討することをオススメします。